E2212F44-38DC-40A3-93DF-B678A8F88638_1_1

微生物群集による
物質循環と地球環境変動

目には見えない微生物は土壌や河川はもちろんのこと、空気や積雪といった一見生き物のいなそうな環境にも生息しています。野外でのフィールドワーク&ラボでの遺伝子実験や化学分析を通じて、このような微生物群集がどのように分布し相互作用することで、環境中の物質循環に影響を与えているのかを明らかに していきます。またある種の微生物は存在するだけで地球環境を変化させる可能性があります。地球科学や気象学や疫学といった様々な分野の研究者たちと共同して地球規模でのテーマにも取り組んでいます。

キーワード:微生物生態学・環境DNA・環境変動・バイオエアロゾル・氷河・氷晶核形成・SARS-CoV-2

 

​研究テーマ

3EE0E0BB-5A32-4BC0-8AD6-2A7B8D6123DB_1_1

バイオエアロゾル

大気中には、小さな砂の粒や大気汚染物質など様々な粒子(エアロゾル)が漂っており、この中で生物に由来しているものをバイオエアロゾル(ウイルス、バクテリア、菌類の胞子、植物花粉や胞子など)とよんでいます。これらは健康、生態、気象に大きな影響を与えるにもかかわらず、その実態はほとんど明らかにされてきませんでした。本研究室では、東京上空から南大洋の大気まで幅広い地域のサンプルを対象に研究を行ってきました。

今後は微生物から花粉まで、森林内に漂うバイオエアロゾルにも着目して研究を行っていく予定です。

雪氷微生物

雪や氷の上には、寒冷な環境に適応した微生物が多様な生態系を形成しています。本研究室では生態系の一次生産者となる藻類やシアノバクテリア、分解者となるバクテリアや菌類、消費者となるクマムシなど、氷河上に生息する様々な生物に注目し、氷河表面の生態系を包括的に研究してきました。

今後は日本国内の積雪や海外の氷河に生息する微生物について研究していく予定です。

8370A103-54DE-4FDA-ACA1-36656BE005D5_1_1
CF04B892-A6C8-4753-9852-0ACC3B5CB677_1_1

​これから実施したい研究

大気中のコロナウイルス、環境DNA+環境教育に関するテーマも検討中です。

 

お問い合わせ

北海道苫小牧市高丘 北海道大学 苫小牧研究林

jun.uetakeあっとfsc.hokudai.ac.jp

電話:0144-33-2172

  • Twitter
  • Twitter
DE642AE5-4B67-43D7-B76C-72A790B57963_1_1